30代で仕事ができない人の特徴!つらい時の対処法は?

更新日:


30代で仕事ができない人の特徴

30代で仕事ができない人には、「自分で考えて行動できない」「自分の失敗を認めない」など幾つかの特徴があります。

そんな自分がつらいと感じている方のために、どのような対処法を取れば良いのかまとめてみました。

スポンサーリンク

30代で仕事ができない人の特徴は?

30代で仕事ができない人の特徴

30代に突入して新入社員とも若手とも言えない年齢になると、今までにはなかった悩みが出てきますね。

中堅世代の悩みの中でも、「仕事ができない」というのが非常に多いのではないでしょうか。

自分自身で仕事ができない人間だと思うだけではなく、周りから「あの人は30代なのに仕事ができないね・・・」と囁かれるのはつらいものです。

以下では、30代で仕事ができない人に共通する特徴を幾つか挙げてみました。

  • 何度注意されても同じミスを犯している
  • 指示待ち人間で自分で考えて行動することができない
  • 後輩へと指示するばかりで自分から動かない
  • 自分独自のやり方に拘り過ぎている
  • 結果が成果が出ていないのに自分の考えを曲げようとしない
  • 人の話を聞かない上に他人から学ぶ努力を怠っている
  • 仕事の段取りが悪くて他の人よりもスピードが遅い
  • 「自分はきちんとやっている」と根拠のない自信がある
  • 約束や時間を守らず、人間として当たり前のことができない

新入社員や20代の若手であれば、社会人になって日が浅いので仕事ができないのは仕方がありません。

「自分はダメだ・・・」とショックを受けなくても、今後の業務の中で少しずつ学んでステップアップしていけば良いのです。

しかし、30代ともなると若いからという理由は通用しないので、仕事ができない人は将来のためにも今一度自分を見直した方が良いでしょう。

30代で仕事ができなくてつらい時の対処法は?

30代で仕事ができなくてつらい時の対処法は?

30代で仕事ができないと周りから嫌な目で見られやすく、つらい思いをするケースは少なくありません。

仕事ができるできないはあなた自身で判断することではありませんが、仕事ができるに越したことはないですよね。

以下では仕事ができなくてつらい時にどんな対処法を取れば良いのかまとめていますので、是非一度参考にしてみてください。

自分の仕事の内容を客観的に見直す

30代の人に限った話ではないものの、自分の仕事の内容を客観的に見直すのはとても重要です。

  • 自分はどんなことを担当しているのか?
  • 部署内でどんな責任を背負っているのか?
  • どうすれば効率良く進められるのか?

こういった点を厳しくチェックすれば、自分の仕事の全体像が見えてきますよ。

仕事ができないからつらいとただ嘆くだけではなく、今一度取り組み方を見直してみましょう。

謙虚さを忘れないようにする

30代になるとブライドや地位に縛られやすく、「部下に頭を下げたくない」「人に教えを請うのは嫌だ」と考えるようになります。

しかし、プライドは仕事にとって不要な存在で、せっかくの成長のチャンスを逃すことになりますので気をつけなければなりません。

仕事ができないと思われる自分がつらいのであれば、いくつになっても謙虚さを忘れないのが大事です。

  • 謙虚な気持ちで人の話を素直に聞く
  • 自分の考え方を改めて柔軟性を持つ

上記のような姿勢を見せていれば、30代からでも今とは比べ物にならないくらい成長できます。

自分が自信を持てる要素を1つでも作る

仕事ができるようになるため、自分が自信を持てる要素を1つでも作る努力をしてみましょう。

なぜ仕事で自信を持った方が良いのか簡単に理由をまとめてみました。

  1. 1つでも自信となる確固たる根拠を持っている
  2. 何か問題に出くわしても解決策が生まれやすくなる
  3. 仕事ができないというケースに陥りにくくなる

もちろん、自信過剰になれば良いわけではないので、30代に突入しても新しい知識や経験を積む努力をすべきですね。

常に考えながら仕事を行う

単純作業をしている時も、常に考えながら仕事をしてみてはいかがでしょうか。

何も考えずに与えられたことをこなすのと比較してみると、自分で考えて行動へと移す方が圧倒的に成長速度が違います。

仕事ができないことに対してつらいと考えている方は、仕事ができるようになればこの悩みは解消されますので、仕事中に思考が停止しないように気をつけてみてください。

モチベーションが上がらない時は転職を視野に入れよう

モチベーションが上がらない時は転職を視野に入れよう

仕事ができる人間になるために努力を積み重ねていても、自分を活かすことができない職場はあります。

そのような職場で働き続けてもつらいだけですので、モチベーションが上がらない時は転職を視野に入れるべきです。

転職をして職場環境が変わり、新しい人間関係を築くことで良い方向へと働くことは十分にあるでしょう。

「30代になってから転職するのは遅いのでは・・・」と不安を抱えている方は少なくありません。

しかし、転職サイトや転職エージェントなど転職をサポートしてくれるサービスを利用すれば30代でも40代でも自分に合う職場を探せますので、「もう遅い・・・」と諦めないでください。

自分の市場価値を知ろう!

30代で転職が難しいというのはもう昔話。働き盛りの30代は売り手市場なので、変に不安に感じる必要はありません。

まず転職市場で、あなたの適性年収を知りましょう。

会社という枠ではなく、市場であなたの能力はどう評価されるのか気になりますよね?
そこでおすすめなのが、MIIDAS(ミーダス)。

MIIDAS(ミーダス)
あなたの適性年収を今すぐ診断する

質問に答えるだけで、あなたの適性年収を提示してくれます。時間のかかる、職務経歴書・履歴書の作成は不要です。

またその年収でエントリーできる求人情報も教えてくれるので、内定がもらえる確率もグッと高くなると思いますよ。

環境が変わると人生が変わります。後はやるかやらないかです。

-仕事が辛い

Copyright© 生きる意味をもう一度見つめ直すきっかけに/人生の谷間 , 2018 AllRights Reserved.