死にたいと思い自殺未遂したシングルマザーの体験談。

更新日:

寄稿者:あきママ(40代前半・一般事務・♀)

はじめまして、私は40代のシングルマザーです。29歳の時、主人の不倫が原因で離婚しました。

シングルマザーで息子(当時5歳)を育てる生活は本当に大変で、そのせいで精神を病んでしまい、自殺未遂するまで追いこまれました。

死にたいほど辛かった出来事をお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

離婚してシングルマザーへ

離婚当時は、正直、スッキリした気持ちと、新しい人生に向けて「頑張っていかなければ…」という気持ちでいっぱいでした。

私は離婚後、生命保険会社に勤務することに。成績もなかなか好調。スタートも悪くありませんでした。

離婚してから10ヵ月後、いい出会いがあり恋人もできました。子供好きの方で、優しい人。付き合ってしばらくして、私の家に転がりこむように一緒に住むことになりました。

それが間違いのはじまりでした…。

彼氏は同居をはじめてすぐに仕事を辞め、家に引きこもるように…。息子との仲も悪くなりました。

「お前!かわいくねーよ!」
「あっちいけ!」

私が息子と一緒にいれば
「おい、いちゃつくな!!」

私のストレスは尋常ではありませんでした。そのせいで「パニック障害」に。病院へ通院して点滴をし、薬をもらう…その繰り返し…。

そんな状況でしたが、私は付き合っていた彼を追い出す事が怖かったし、仕事もなく行くあてがない人だから「ここで追い出すと私が薄情な人間」と思っていました。

今、振り返ると精神薬の飲みすぎで、判断能力が鈍っていたのだと思います。

私も無職になり、自殺未遂…

保険会社に勤めて2年後、業績不振で解雇、私も無職になってしまいました。

生活がかかっているので、すぐに水商売で働くことに。勤めはじめて2ヶ月がたったとき、もうこの彼とはいっしょに住めないと思う出来事がありました。

バーン!!

彼が息子の大事にしていたゲーム機を破壊したのです。もう我慢の限界!

私が稼いだお金で生活して、息子をいじめるなんて言語道断!何も考えずに追い出しました。

でも、その後は精神的にまいってしまい、私は常にお金がなくなってしまう不安を抱えていました。そのせいもあり、水商売で知り合ったお金持ちの男性へ媚を売り、甘える生活。

朝起きて息子と顔をあわせると、後ろめたさでいっぱいでした。

「私なんて母親失格。死にたい…。」

それから色々考え、水商売をやめたら、お客さんだった一人の男性がストーカーになりました。

奥さんと離婚して私と結婚する言うと、本当に離婚してきたのです…。ついには、私の自宅を突き止められ、家の前で叫ばれれ、毎日50回以上の電話とメール。

家から出るのが怖い……。仕事もやめたので気がつけば、私の全財産は547円。

私はさらに精神を病んでいきました。とうとうその矛先を息子にもむけはじめていました。

さすがにこれはヤバいと思い自ら児童相談所に電話。

「私!!息子にこんなひどいことをしました!!自分が怖い!!このままじゃ息子を殺してしまう!!助けて!!お願い!!」

次の日、児童相談所の人が来て、息子を一時保護…。私は安心と寂しさとを通りこし、心の中が空っぽに。

気づけば、当時飲んでいた精神薬をありったけ120錠くらい飲みきって、自殺未遂をしました。

もうこの世から消えたいと思ったのでしょう。

一命をとりとめ、入院生活

ですが運のいいことに、私の様子を見に来た弟に助けられました。その時、医者が私にくだした診断は「薬物中毒」。

治療のために、病院で2週間の入院生活でした。「体の中の薬を全部抜き出して素の自分に戻ってください。」先生に言われた一言です。

私の入院中、弟が色々動いてくれ、息子は施設に預ける事に。私のからだが回復するまでは生活保護の受給。ストーカーの問題は「ストーカー法規制」で警察の厳重注意で解決しました。

入院して一週間後のことです…。

体に異変がおきました。妊娠していないのに母乳がとまらないのです。先生は諭すような言葉で私に言いました。

「これでわかったかい?これが精神薬の恐ろしさなんだよ…。あなたは妊娠していないのに、薬の副作用で脳が勝手に妊娠したと判断したんだ。だから母乳が止まらないんだよ。」

私はショックでした。放心状態…。言葉も出ず、体も動かず、ただ天井を見ているだけでした。

「もう息子に会わす顔がない…。」

そんな時、弟が息子を連れてお見舞いにきました。私はボロボロと涙が止まらず、息子に言いました。

「ごめんね、お母さん最低だね…。生きてても、死んでも迷惑かけてしまう…。ごめんね。本当にごめんね。」

「生きてても死んでも迷惑かけるなら、生きて迷惑かけてよ。僕を一人にしないでよ。僕こそごめんね、子供でごめんね…。でも大人になったら僕がかーちゃんを守るから!!」

その言葉で目が覚めました。私は生きなければいけない!母親としてこの子を守らなければいけないと。

退院して、新生活スタート!

それから自分にできることは何か?考えました。今までは生活のため、稼げる仕事しかしなかった。それがいけないような気がしました。

自分が楽しめる仕事をしよう!私は時給とか気にせず、笑顔で働けることを重視しました。

退院して1ヵ月後、私が決めた仕事はお菓子の販売!息子のために、ただひたすら地道に働きました。

10ヶ月後には生活保護をやめて、3年後には息子を施設から引きとりやっといっしょに暮らすことができました。今もギリギリの生活ですが、息子が笑ってくれるから苦労があっても幸せです。

-離婚

Copyright© 生きる意味をもう一度見つめ直すきっかけに/人生の谷間 , 2018 AllRights Reserved.