仕事ができない…、仕事が辛い…と感じる理由と正しい対処法

投稿日:


仕事ができない…、仕事が辛い

私たちは生きていくために仕事をしてお金を稼がないといけません。

ただ、それは簡単なことではありません。

働く中で嫌なこともたくさん出てきますので、「仕事ができない…」「仕事が辛い…」と悩んでいる人はたくさんいます。

ここでは仕事ができない、仕事が辛いと感じる理由と、
今すぐにでも【実践したい正しい対処法】についてまとめてみました。

スポンサーリンク

仕事ができなくて辛いから辞めたい人は多い!

今の仕事や会社に不満を抱えていて、辞めたいと感じている人は少なくありません。

仕事を辞めたい理由には個人差がありますが、次の2つが代表的ですね。

  • 仕事ができないから逃げ出したい(他人に迷惑をかけるのが嫌だ)
  • 残業や休日出勤が多くて体力的にも精神的にも辛い

どれだけハードワークでも、満足のいく給料や収入をもらっていれば何とか我慢できます。

しかし、体力的にも精神的にも辛くて更に仕事ができないと、いつまで経っても給料は上がらないままですので、「もう辞めたい…」と感じるわけです。

仕事ができない…、仕事が辛い…と感じる理由はこれだ!

以下では、仕事ができない…、仕事が辛い…と感じる幾つかの理由を挙げてみました。

今の仕事や業務で何かしらの不安や不満を抱えている方は一度目を通しておきましょう。

  • オーバーワークによって自分のキャパシティを超えている
  • 周りに迷惑をかけて職場に自分の居場所がない
  • 仕事のミスが続いて頻繁に上司に叱られている
  • 自分には価値がないと自分自身のことを捉えている
  • 職場の人間関係が悪くて精神的なストレスが溜まっている

様々な理由が積み重なると、「仕事ができないから辛い」と考えるようになります。

一時的な繁忙期で忙しいだけであれば我慢できたとしても、「辛い」「苦しい」と感じる状態が長く続いていると結果的に辞めたくなるわけです。

仕事ができない…、仕事が辛い…と感じた時の対処法

仕事ができなくて辛いからといって、今の状態のまま放置していても何も変わりません。

自分で何かを変える努力をしないと、仕事や業務でストレスは溜まり続けます。

ここでは『仕事ができない…、仕事が辛い…と感じた時に行いたい対処法』を紹介していますので、深刻に悩んでいる方は参考にしてみてください。

多少の失敗やミスを気にしすぎない

仕事をこなしていくに当たり、多少の失敗やミスを気にしすぎないのは大事ですよ。

1つの失敗やミスに拘りすぎていると、次のような思考に陥って更に仕事が辛いと感じるようになります。

  • どうせ自分は仕事ができない人間なんだ
  • 自分は何をやってもダメなんだ
  • この仕事に向いていないんだ

自信をなくすと前向きに仕事に取り組めなくなりますので、その後の業務に支障を来たしやすいのです。

新たな気持ちで励んで努力することで仕事ができない自分を克服できるため、1つのミスでクヨクヨしないようにしましょう。

自分の失敗から学んで次に繋げる

多少の失敗やミスを気にしすぎないのは大事ですが、反省しなくても良いわけではありません。

仕事の失敗から学べない人は、何が原因だったのか考えようとせずに同じ過ちを繰り返すことが多いため、「あの人は仕事ができない…」というレッテルを張られやすいのです。

仕事ができない人という位置から抜け出せなければ職場で居場所がなくなって更に辛い状態に陥りやすいので、以下のように励んでみましょう。

  • 失敗やミスを犯した時に何が原因だったのかメモを取る
  • しっかりと原因を追究して自分自身の知識として蓄積する
  • 同じ失敗を繰り返さないように意識して仕事に励む

「失敗は成功のもと」ということわざは仕事に大きく当てはまりますので、ミスを次の業務に活かして気持ちを切り替えてみてください。

自分の自信となる要素を1つでも多く作る

仕事ができなくて辛い時は、自分の自信となる要素を1つでも多く作るのが効果的です。

自信のない人は仕事で何か問題が発生すると、

仕事ができないと極端に感じる

仕事の効率が更に悪くなる

更に仕事ができなくなる

と悪循環に陥りやすくなります。

一方で何か1つでも自信を持っている人は、多少の失敗や問題に出くわしても心が折れることがなく、回避策が生まれてネガティブな思考に陥ることがありません。

もちろん、確たる自信となる要素を持つのは決して簡単なことではないので、まずは今の仕事で知識や経験をしっかりと積むことから始めましょう。

周りの目をあまり気にしないようにする

仕事ができない人ほど、周りの目や評価を気にしすぎる傾向があります。

「周囲から自分がどのように思われているのか?」と気になるのは不思議ではありません。

しかし、自分を良く評価してもらいたいがために、仕事のスキルの足りない人がスキル以上のことをしようとすると、失敗に繋がりやすいので注意が必要です。

良い評価が欲しい

がむしゃらになる

結果的に悪い評価に繋がる

このような流れで、自己嫌悪に陥る人は少なくありません。

そうなると更に仕事が辛くなりますので、過度に周囲との差を気にするのではなく自分のペースで仕事を進める努力をすべきです。

それでも仕事が辛い時は転職を検討しよう

努力をしても今の職場で中々状況が改善しない時は、「ここで働き続けるしかない」と固執せずに転職を検討してみましょう。

仕事ができなくて辛い状態が続いてストレスが溜まると心身に支障を来たす恐れがありますので、早めに何かしらの対処を取るべきです。

転職するにあたり、市場であなたの年収がいくらか気になりませんか? 

今の職場では評価されていなくても、市場では思っていたより高く評価されるということがあります。

働く上で、給与は非常に気になる問題ですしね。

そこでおすすめなのが、MIIDAS(ミーダス)の『適性年収診断テスト』

MIIDAS(ミーダス)

質問に答えるだけで、あなたの市場価値を提示してくれます。時間のかかる、職務経歴書・履歴書の作成は不要。

かんたんなので、実際に私もやってみました。
結果は以下の通り。

MIIDAS(ミーダス)

年収が予想したより高い結果に! 私も転職するタイミングかもしれません。

あなたのスキルを高く評価してくれる会社で働いてみませんか?

環境が変わると人生が変わります。後はやるかやらないかです。

まとめ

以上のように、仕事ができない…、仕事が辛い…と感じる理由や正しい対処法についてまとめました。

精神的な辛い状況を放置していても現状を打破することはできないので、転職を含めて何かしらの対策を練ってみてください。

-仕事が辛い

Copyright© 生きる意味をもう一度見つめ直すきっかけに/人生の谷間 , 2018 AllRights Reserved.