泣くほど仕事が辛い時にやるべき大切な3つのこと

投稿日:


仕事が泣くほど辛い

社会人になってもう立派な大人。

でも、仕事があまりにも辛い時に「涙が出た」「泣いてしまった」という方はいませんか?

仕事でストレスが溜まりすぎていると、泣くほど辛くなることがあります。

ただ、この状態はひとまず我慢して、もっと仕事を頑張らないと!と考えるのは間違いです。

そのまま働き続けるのは危険ですので、どのような対処をすれば良いのか詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク

泣くほど仕事が辛いのはかなり重症!

「泣くほど仕事が辛い」という方は、かなりの重症ですので注意しないといけません。

仕事をしてお金を稼ぐに当たり、嫌なことや辛いことを乗り越えないといけないのは当然です。

以下では、仕事できついと感じる幾つかの理由を挙げてみました。

  • 仕事が全然できなくて上司や先輩から怒られ続けている
  • 頑張っているのに仕事が終わらなくて残業が続いている
  • 自分の仕事が正当に評価されなくてやる気やモチベーションが上がらない
  • 給料が大幅にカットされて年収が一気に下がってしまった
  • 職場の人間関係が最悪で仕事をしていてつまらない

自分に原因が潜んでいたり周りの環境に問題があったりと、職場によって違います。

「仕事が辛くてやる気が出ないな~」と感じるのは普通ですが、涙が出るほど辛い時は早急に対処すべきです。

そのまま我慢して働き続けていると、本格的なうつ病に陥って日常生活にも支障が出やすいので気を付けましょう。

仕事が辛くて涙が止まらないのはストレスが限界を超えている証拠!

本当に仕事が辛くてギリギリまで追い詰められた人は、以下のように自然と涙が流れてきます。

  • 朝になると仕事に行きたくない感情が強くなって泣いてしまう
  • 家に帰ると布団の中で一人で泣いている
  • 帰りの電車や車の中で涙が止まらなくなる

仕事が辛くて涙が止まらないのは、肉体的にも精神的にもストレスが限界を超えている証拠ですよ。

「仕事に行く」⇒「家に帰って泣く」といった生活を繰り返していると心はおかしくなってしまいますので、放置するのは危険だとお分かり頂けるのではないでしょうか。

泣くほど仕事が辛い時にやるべき3つのこと

ここでは、泣くほど仕事が辛い時にやるべきことをまとめています。

仕事があまりにも辛くて何をすれば良いのか分からなくなった人は参考にしてみてください。

01. 今の仕事を続ける理由はないと楽観的に考える

泣くほど辛い仕事をしていても、「辞めずに今の仕事を続けないといけない」と考えている方は少なくありません。

「仕事は辛くて当たり前」という考えはありますが、泣くほど追い詰められているのに生活のためにと割り切って続けるのは正しい行動ではないと押さえておくべきです。

つまり、「今の仕事を続ける理由なんてない」「別の仕事を探せば良い」と楽観的に考えるようにしましょう。

なぜ我慢して働き続けるのがダメなのか幾つかの理由をまとめてみました。

  • 泣くほど辛いのは肉体的にも精神的にも限界ギリギリまで追い詰められている
  • 大きなストレスを抱えたまま働き続けても良い未来は待っていない
  • 今の仕事を辞めても自分に合う仕事は他にもたくさんある

まずは、「逃げるのは悪いこと」という固定概念を捨てることから始めるべきですね。

02. 転職活動をして仕事を辞める

泣くほど辛い状況を改善するに当たり、転職活動をして仕事を辞めるのが最善の選択肢なのは間違いありません。

嫌な上司や先輩が原因で追い詰められている方は特に、自分の上司を変えることができないからこそ職場を変えるのが一番です。

今まで一度も転職したことがない人は不安を抱えやすいものの、仕事を辞めるメリットは次のようにたくさんあります。

  • 今の辛い状況から抜け出してストレスを溜めずに済む
  • もう二度と嫌な上司や先輩の顔を見なくても良い
  • 心機一転やる気やモチベーションを維持して仕事に取り組める
  • 今よりも更に自分に合った仕事を見つけられる可能性が高い

「どう仕事をしていきたいのか?」「どのような気持ちで毎日を過ごしたいのか?」といった点を考えると、今の職場に残り続けるよりも転職活動をして新しい働き先を見つけた方が良いのです。

そこで、自分に向いている仕事が分からない人には、
転職支援サービスMIIDAS(ミーダス)をおすすめします。

MIIDAS(ミーダス)

従来の転職サイトや求人サイトと、MIIDAS(ミーダス)の違いを以下ではまとめてみました。

従来の転職サイトや求人サイト たくさんの求人情報の中から求職者が自分の希望に合う案件を探して応募する
MIIDAS(ミーダス) 登録されたデータに基づいて自分の希望やスキルにマッチした情報のみが表示される

自分の価値を見い出して求人を紹介してくれますので、転職の失敗を未然に防げるのが特徴です。

さらにおすすめなのが『適性年収診断テスト』

質問に答えるだけで、あなたの市場価値を提示してくれます。時間のかかる、職務経歴書・履歴書の作成は不要。

かんたんなので、実際に私もやってみました。
結果は以下の通り。

MIIDAS(ミーダス)

年収が予想したより高い結果に! 私も転職するタイミングかもしれません。

あなたのスキルを高く評価してくれる会社で働いてみませんか?

環境が変わると人生が変わります。後はやるかやらないかです。

03. 十分に休息を取ってうつ病を予防する

仕事が辛くて仕方がない根本的な悩みは転職で解決できますが、同時に十分に休息を取らないといけません。

それは、精神的に追い詰められたことが原因でうつ病のリスクが上がっているからです。

下記の状態に幾つも当てはまる方は、うつ病の一歩手前の状態だと考えられます。

  • 毎日仕事に行くのが憂鬱で仕方がない
  • 自分だけ会社で取り残されている気がする
  • 遅刻や欠勤を繰り返すようになる
  • 体調は悪くないのに吐き気や胃痛が酷い
  • 寝ようと思っても中々寝付くことができない
  • 身体がだるくて頭が重くなる

うつ病は一度発症すると完治しにくく、数年間以上に渡って悩まされている方も少なくありません。

仕事が辛くて涙が出るような人は既に軽いうつ状態になっていることもありますので、心身ともにリラックスしてストレスを発散すべきです。

まとめ

以上のように、「仕事に行こうとすると涙が出る」「仕事のことを考えると泣いてしまう」といった方は、かなりの重症だと考えられます。

仕事が辛いのは誰でも一緒ですが、ストレスで限界を超えているのに無理に働き続けることに意味はありません。

今の仕事に固執しなくてもあなたには無限の選択肢がありますので、「今の職場で働かなくても良い」と楽観的に考えて転職活動を始めてみてください。

-仕事が辛い

Copyright© 生きる意味をもう一度見つめ直すきっかけに/人生の谷間 , 2018 AllRights Reserved.