消えたいは死にたいと少し違う感覚 !? あなたの深層心理にせまる。

更新日:


消えてしまいたい

「あぁ、もうこの世界から消えてしまいたい。」

生きていてもいいことない……、心身ともに疲れてしまったあなたへ。

今、あなたはどういう深層心理はどういう状態にあるのでしょうか? この記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

消えたいの心理とは?

消えたい心理

『この社会で生きることに対して、自分自身の存在価値を見失った状態』です。

この不安定な世の中で誰もが、そうなる可能性を秘めています。

私たちは、社会のルールや制約を守らなければこの世界で生きていけません。決して自由ではないのです。理不尽なことも多々ありますよね。

それではもう少し詳しく見ていきましょう。

消えたいと死にたいという感覚は微妙に違う。

私自身、この世から消えてしまいたい…と悩んだ時期があります。

でも消えたいという気持ちは、死にたいとは少しニュアンスが違ったのを覚えています。

自分で命を絶つと、色々な人に迷惑がかかります。

育ててくれた親や仲のいい友人、恋人を悲しめたくはないですよね。自分のお葬式に参列し、泣いてる顔を思い浮かべると、心が痛みます。

だから、死にたいというより消えたい。

になるんですよね。

消えたいと死にたいについての思考の違いです。

消えたいという思考

  • この世から消えてなくなり、周囲の人から自分の記憶も消したい
  • 過去と現在の出来事に対して無価値観や罪悪感を感じていて、自分の存在を消し去りたい
  • 自殺のことは考えていない

死にたいという思考

  • どのように死ぬべきかその方法まで考えている
  • 周りが見えなくなっていて後に引けない状態
  • 今を生きるのが辛いがその苦しさに気付いて欲しいと考えている

自殺を実行する確率は、「消えたい」という人よりも「死にたい」という人の方が高くなります。

「消えたい」という人は、具体的にどのように死ぬかというところまでは考えていないケースが多いのではないでしょうか。

消えたいと思うだけであれば心の傷は浅い、でも…

消えたいと思うだけであれば、心の傷は浅いと考えられるので手の打ちようはあります。

仕事にしてもプライベートにしても嫌なことが一切なく、ストレスを全く感じないような人はいません。

それでも、「消えたい」という感情を抱えている状態から更に追い込まれ、「死にたい」という感情を抱くようになると危険です。

  • 生きることが、苦しみや悲しみ、辛さで圧迫されている
  • 生と死の価値観が変わって死を望むようになる
  • 死ぬことで今の感情や思考を終わらせたい

最初は些細なストレスから始まったとしても、何となく辛かったり苦しかったりする状態が続くと生きているのが嫌になります。

積極的に死を望んでいるわけではなくても、周囲から理解されなければ自責の気持ちが強まって、自分自身を執拗に責め続けてしまうのです。

冷静な思考ができないという状態という点では、「消えたい」も「死にたい」も一緒なのでまずは落ち着いてゆっくりと対処する必要があります。

消えたい死にたいと考えやすい人の特徴

消えたい死にたいと考えやすい人には幾つかの特徴があり、自分に当てはまるのかどうかチェックしてみましょう。

  • 自己否定やネガティブな気持ちが強くて、無意識のうちに周りの人間と比べてしまう
  • やりたいことや将来の夢が見つからず生きていることに目的を見い出せない
  • 情緒不安定で何事に対しても感情の起伏が激しい
  • 仕事でもプライベートでも何事も自分の思い通りに仕上げないと気が済まない完璧主義の人
  • 過度なストレスを受けやすく発散する術が分からない

複数個の項目に当てはまる方は注意しなければいけません。

「モチベーションが下がる」
 ↓
「疲れた」
 ↓
「消えたい」
 ↓
「死にたい」

このように感情が変化していきます。

自分の性格を根本的に変えるのは難しいかもしれませんが、負の感情があまりにも長く続くような状態は危険です。

消えたい死にたいと感じた時の対処法

最初は消えたいという感情だけでも、内因性うつ病を患っていると精神的に追い詰められ、唐突に死にたいという気持ちが出現しやすいので注意しなければなりません。

衝動的な自殺を起こしてしまうケースは意外と多く、心が不安定な状態にあるからこそ自分でも先々の行動を予測できないのです。

また、うつ病が酷い時期は何事に対しても意欲も活動性も失われているので自殺したい感情も持ちにくいのですが、治療で少しずつ回復した時が最も精神が不安定に揺れやすいと考えられています。

つまり、「消えたい」「死にたい」と感じている状態から回復した時も注意しなければならず、症状が悪化しないうちに以下のような対処法を行ってみましょう。

自分の好き勝手に生きてみる

自分の感情を心にしまい込み、「親のため」「友達のため」「上司のため」という考え方をしている人ほど消えたいという思考に至ります。

人は一人では生きていけないので誰かの役に立とうと考えるのは素晴らしいことですが、本当に自分が望んでいなければ辛くなるだけなので好き勝手に生きてみてはいかがでしょうか。

好き勝手と言っても何をするのかは個人によって異なるものの、自分の欲望のままに生きてみるのが適した対処法です。

  • 鬱々とした気持ちが長期間に渡って続いていれば口に出して叫んでみる
  • 自分が今抱いている感情をノートに書き出してみる
  • 自分を客観的に見て辛くなったら我慢せずに涙を流してみる

このように死にたいと考えている時は自分が楽になる方法を取らなければならず、心の中の辛いものが流れ出て気持ちが楽になることがあります。

「口に出しても行動を起こしても変わらない」という意見はありますが、自分の内に秘めている思いや感情は何かしらの形で具現化しなければなりません。

しぼんだ心を膨らませるために眠る

しぼんだ心膨らませるために良く眠るのは、「消えたい」「死にたい」と思った時の効果的な対処法です。

学校や会社を休んだところで死ぬわけではありませんし、身体が思うように動かなかったり意欲が湧かなかったりする際はずる休みしてしまいましょう。

そして、自分が満足するまで眠れば起きた時には多少はスッキリしていますし、睡眠は人間が持つ三大欲求の一つだからこそ身体も心も回復していきます。

  • 深い深呼吸を3セット程度繰り返して副交感神経の働きを高める
  • 自分の体型や好みに合った枕やベッドなどの寝具を購入する
  • 簡単なウォーキングやストレッチで身体を動かす
  • 好きな音楽を聴いたり映像を見たりする
  • 好きな香りのエッセンシャルオイルを湯船に入れて入浴する

上記のような方法でリラックス効果やリフレッシュ効果が高まり、グッスリと眠って嫌なことを忘れられるので一度試してみてください。

何か集中できることに取り組む

人間は一つのことしか考えられない生き物だと言われており、消えたい死にたいという感情を忘れるために何か集中できることに取り組むのが適しています。

ゲームでもスポーツでも趣味であれば何でも良いですし、今が楽しいと思わせて消えたいという思考を抑え込むのです。

精神的に追い込まれてうつ病を発症している場合、何事にもやる気や欲望がなくなっているかもしれません。

そんな状態だからこそ悪い思考を反らすために何かに取り組まなければならず、じっとしていると余計に考え込みやすいので効果的です。

自己啓発の罠

消えたい・死にたいという思考は心が弱った状態。そんな時、あなたは自己啓発の本を手にとるかもしれません。

そこで一点注意事項です。

「自分を信じて努力したら運命は変えられる」というような自己啓発の言葉をよく見かけます。

あれは半分本当で半分嘘です。

理解しやすいよつに努力を数値化してみます。

先ほどの言葉を発信した成功者の努力を100とします。

そのメッセージを受けとった人たちが、同じように100の努力をしたからといって、自分の運命を変え成功者になれる訳ではありません。

それはなぜか?

そこには、運やタイミング、才能の要素も多く含まれているからです。それは努力だけでは補えません。

それなのに、「それはあなたの努力が足りないからだ、もっと頑張れ!」という言葉は、あなたを深く傷つけることでしょう。

もちろん、今の自分を変えようと努力することは大切です。その上で仮にうまくいかなくても、その努力を否定する権利は他人にはないのです。

もし、あなたがこのような言葉をうけとったとしても、気にすることはありません。受け流しましょう。

まとめ

「消えたい」と思うにしても「死にたい」と感じるにしても、心に何かしらの問題を抱えているという点では一緒かもしれません。

感覚に違いはあっても苦しい状態は変わりありませんよね。自分を責め続けると余計に症状が悪化します。

たまには、自分の思うがままに感情を爆発させたり、信頼できる人がいるなら相談してみてください。

あなたの疲れた心が少しでも癒されることを願っています。

環境が変われば、人生が変わる。

社会人になると、人生にしめる大部分の時間は『仕事』。

人間関係、給与が安い、拘束時間が長い、パワハラ・いじめ等、いわゆるブラック企業で働いていると、何のために働いているのかわからなくなります。

一度は転職を考えたけど、今の会社を辞めて、転職活動するのもしんどい。結局どこで働いてもいっしょじゃないか?

そんな悩みや不安は、あなたの思考を停止させます。

結果、『生きる意味』を見失うことに……。

でも、未来は自分で切り開くしかありません。今できることから、一歩ずつはじめてみませんか?

まず転職市場で、あなたの適性年収を知りましょう。

そこでおすすめなのが、MIIDAS(ミーダス)。

MIIDAS(ミーダス)
あなたの適性年収を今すぐ診断する

質問に答えるだけで、あなたの適性年収を提示してくれます。時間のかかる、職務経歴書・履歴書の作成は不要です。

またその年収でエントリーできる求人情報も教えてくれるので、内定がもらえる確率もグッと高くなると思いますよ。

環境が変わると人生が変わります。後はやるかやらないかです。

-死にたいときの対処法

Copyright© 生きる意味をもう一度見つめ直すきっかけに/人生の谷間 , 2018 AllRights Reserved.