人間関係に疲れた時、あなたの心癒すための対処法

更新日:


人間関係に疲れたとき

人間関係に疲れた人が心安らげるような対処法を紹介します。

人間関係を良好に築くポイントも参考になるので、仕事やプライベートで役立ててみてください。

スポンサーリンク

人間関係の本質

「人が集まるところには人間関係の問題が根深く存在する」と言われているほど大きな問題で、その本質的な構造は以下の4つです。

  • 生まれ備わった気質や育った環境による価値観
  • 物事に対する判断や考え方などの思考
  • 周囲の人の性格や環境

これらが複雑に絡み合って人間関係を構築しており、仕事でもプライベートでもコミュニケーション能力が重要となります。

しかし、必ずしもコミュニケーション能力を鍛えれば円滑に人間関係を築けるわけではありません。

「上っ面は良いけれど心の中で何を考えているのか分からない」
「あの人は八方美人なだけだよね」

このように思われることもあるので難しい問題です。

「○○○○のようにすれば円滑に進められる」という答えはありませんし、だからこそ人間関係のもつれで疲れ果てている方が多いのではないでしょうか。

人間関係に疲れた時の対処法

以下では、人間関係に疲れた人に適した対処法を幾つかご紹介しています。

私たち人間は生きていくために人と接しなければならず、自分にとって嫌なことがあったり不満を感じたりというケースは少なくありません。

そんな時にどんな対処法が効果的なのかチェックしてみてください。

自分の考え方を変えてみる

自分の考え方を変えてみるのは人間関係で疲れないようにする方法として適しています。

  • 他人に100%を求めるのは不可能で70%~80%を求めるように自分の考え方を変えてみる
  • 可能ならば断ち切りたい人間関係を実際に切ってみる(転校や転職など)
  • 完璧主義の人は背伸びをせずに適度に手を抜いて頑張り過ぎないスタンスを作る
  • 自分から挨拶をしたり嫌いな人の良い部分を見つけたりとお互いに理解する協調性を持つ

「他人を変える」のではなく「自分を変える」という思考が大事で、良好な人間関係を築く上でのポイントとなります。

改めて自分を見つめ直してみれば、改善しなければならない部分が浮き上がってくるかもしれません。

どうしても辛い時は一度人との距離をあけてみましょう。

ストレスを発散させる

自分を変える努力をしても人間関係に疲れるのであれば、積極的にリフレッシュやリラックスを心掛けて心を癒してみましょう。

「人間関係を良くしなければ」と張り切り過ぎるとストレスが更に溜まりますし、いつかは爆発してしまいます。

時にはガス抜きをしなければならず、「お酒を飲む」「身体を動かす」「趣味の時間を増やす」というストレス発散法が効果的です。

・楽しい
・嬉しい
・面白い
・ワクワクする

このような感情を抱けるような趣味や方法を見つけ、自分を思い切り解放的な状態にしてみてください。

人間関係に疲れたら読む名言

垣根は相手がつくっているのではなく、自分がつくっている。
(アリストテレス)

嫌いな人がいると全てをその人にせいにしてしまう方は多いかもしれません。

しかし、アリストテレスの言葉のように、自分に何かしらの原因があって垣根ができ、お互いの関係が悪くなっていることもあります。

良好な関係を築きたいのであれば自分を見直すことから始めるべきです。

弱い者ほど相手を許すことができない。許すということは、強さの証だ。
(ガンジー)

相手の悪い部分だけを見ていたり許せなかったりという方にとっては心に響く名言です。

他人を許せる心の強い人間になれれば、誰とも分け隔てない関係を築けるようになるかもしれません。

細道で犬に出会ったら、権利を主張して咬みつかれるよりも犬に道を譲った方が賢明だ。たとえ犬を殺したとて、咬まれた傷は治らない。
(エイブラハム・リンカーン)

現実世界で例えるのであれば、自分の意見だけを通そうとすれば誰かとぶつかる可能性が高いことを指しています。

争った結果に残っているのはお互いに傷付き合ったという結果だけで、相手の意見を聞き入れる広い心を持つことが大事です。

親切にしなさい。あなたが会う人はみんな、厳しい闘いをしているのだから。
(プラトン)

人は誰しもが苦悩を抱えており、辛いのは自分だけではありません。

多かれ少なかれ傷ついているからこそ、「自分に厳しく」「他人に優しく」という考え方が必要となります。

人間関係がうまくいく本おすすめ

『誰とでもうまくいく うんざりな人間関係がグングンよくなる本』

この本では人間関係が苦手な理由が自分自身に潜んでいると記しています。

「人の振り見て我が振り直せ」ということわざのように、自分を見直すことから始めなければ何も解決しません。

自身の心を解きほぐして人付き合いのやり方を伝授してくれる本なのでおすすめです。


『「私は私」で人間関係はうまくいく』

「自分は努力している」「いつも遠慮している」という方のために、自分の生きる方法を考えさせてくれる本となっています。

「自分が頑張って周りの世界を変えられなくても、自分が生きる世界は確実に変えられる」とポジティブな感情を抱かせてくれるのです。


『仕事も人間関係もうまくいく「気遣い」のキホン』

ほんの少し相手に対する気遣いを変えるだけで人生が大きく変わるとこの本では説いています。

「自分には無理だ」と考えている方は多いものの、少し考え方を変えるだけで簡単に手に入れられる魔法のスキルなのです。

「仕事がスムーズにいかない」「人間関係がギクシャクしている」「自分に自信が持てない」という悩みを抱えている方は一度読んでみてください。

人間関係に疲れて転職を繰り返す人は注意が必要

人間関係のもつれは転職理由になりやすく、どんな職場でも他人と何かしらの形で付き合っていかなければならないからです。

しかし、人間関係に疲れて転職を繰り返すような人は、中途採用の現場で忌み嫌われるジョブホッパーと呼ばれるので注意しなければなりません。

2年~3年サイクルで仕事を変えたり転職回数が4回~5回を超えている人をジョブホッパーと呼び、日本と比較して転職者が多いアメリカでもネガティブな意味として使われます。

  • 別業種への転職を繰り返しているとスキルが身に付かない
  • 「一つのことをやり遂げられない」と信用されなくなる
  • 経験を積んでいても転職が多いという事実で書類選考で切られやすくなる

このようなデメリットがあり、若いうちは問題なくても年齢を重ねれば重ねるほど採用してくれる企業は減っていくのです。

「人付き合いが上手」「好奇心が旺盛」という人は新しい環境への順応速度も速く、転職に向いている性格だと言えます。

一方で人間関係で躓きやすい人は職場が変わっても改善できないことが多く、転職を繰り返すことで自分の首を絞めているのです。

人間関係でストレスが溜まって体力的にも精神的にも疲れる理由は十分に分かりますが、本当に転職という道しか自分に残されていないのか考えてみましょう。

まとめ

人間関係に疲れて逃げ出したくなっても、現代社会で生きるためには人と接していかなければなりません。

だからといって努力し過ぎるのは危険で、ストレスが溜まればうつ病などの病気を発症する原因となります。

そんな時は心を癒すのが適しており、このページでご紹介している対処法を試してみてください。

-人間関係

Copyright© 生きる意味をもう一度見つめ直すきっかけに/人生の谷間 , 2018 AllRights Reserved.