人間関係がめんどくさい時の対処法や楽になる方法

更新日:


人間関係がめんどくさい時は何もかもが自分の思い通りにいかず、仕事でもプライベートでも失敗しやすいのではないでしょうか。

人付き合いが原因でストレスは溜まりやすいので、どのような対処法が自分に合っているのか考えてみてください。

スポンサーリンク

人間関係がめんどくさいと感じる人の心理とは?

「人間関係がめんどくさい」「人と付き合うのが嫌になる」と感じることは日常生活の中では多いのではないでしょうか。

プライベートであれば嫌いな人と無理して付き合う必要性はありませんが、ビジネスの世界では自分と合わない人とでも分け隔てなく仕事をこなしていかなければなりません。

  • 自分の言いたいことを我慢して押し殺す
  • 相手の意見に納得いかなくても合わせる
  • 上司や先輩の無茶振り

このような状況が長く続くと心が疲れてしまい、精神的なストレスも増幅して人付き合いを避けるようになります。

人間関係がめんどくさいと感じる人は、「なぜ自分だけが辛い思いをしなければならないのか」「自分だけが苦しいのではないか」という心理が働き、我慢の限界が訪れるとトラブルに発展しやすいのです。

人間関係がめんどくさい時にとってはいけない行動とは?

人間関係がめんどくさいという気持ちは十分に分かりますが、そんな時にとってはいけないNGな行動を幾つか挙げてみました。

どんな人に対しても態度や対応が一緒

どんな人に対しても態度や対応が一緒で分け隔てなく接することができるのは良いことだと普通は考えます。

確かに、裏表がないのは長所かもしれませんが、必ずしも八方美人が良いとは限らず、相手の個性に合わせて接するのが思いやりのある行動です。

  • 男性は優位性を見せつけようとする
  • 女性は相手に対して共感を求めやすい

異性によって相手への態度には違いがあり、傾向を掴むことでより良い人間関係が築けるようになります。

Noと言えずに自分を押し殺す

「自分の意見が伝わらない」「自分の気持ちを分かってくれない」など、人間関係がめんどくさくなるとNoと言えずに自分を押し殺すことが多くなるかもしれません。

職場での立場上致し方のない部分はあるかもしれませんが、自分が何を思っているのか何を感じているのか言葉できちんと伝える必要があります。

我慢し続けるのはストレスが溜まって辛いはずですし、勇気を振り絞って積極的に他人とコミュニケーションを取っていく姿勢が大事です。

人間関係がめんどくさい時の対処法や楽になる方法をチェック!

それでは、人間関係がめんどくさい時にどんな対処法をすれば良いのでしょうか?

生きていく上で人と関わるのは必然ですし、一人では決して生きていくことはできません。

どこかで人と人は繋がっているので、「人付き合いなんてどうでもいいや」と投げ出さずに楽になる方法を実践してみてください。

全方位外交をやめて価値のある相手を見極める

上記でも軽く説明しましたが、誰とでも分け隔てなく接する全方位外交はやめた方が良いでしょう。

  • 少しでも良い人だと思われたい
  • どんな人でも相手から嫌われたくない

人間であれば誰しもこのように考えますし、誰とでも仲良くするのが悪いというわけではありません。

しかし、あまりにも無理をし過ぎていると人間関係がめんどくさいと感じやすくなる理由ですし、精神的にも辛いので価値のある相手を見極めて付き合うに値するのか考えるべきです。

職場でもプライベートでも周りの人間に序列をつけ、自分にとって価値がないと判断したら深追いせずに距離を置くのが人間関係で疲れない効果的な対処法となります。

相手に対して丁寧に接する

自分にとって価値が無くても嫌いだったとしても、相手に対して丁寧に接するという基本的なことを忘れてはいけません。

人間関係がめんどくさい状態になると素っ気無い態度を取りやすく、無意識のうちに相手を傷付ける原因となります。

  • 無下にせずに誠実な態度で接する
  • 相手の気持ちを考えてから言葉を発する
  • 相手から反感を買わないようにする

上記の点を意識してコミュニケーションをとるのが大事で、社内外問わず基本的なマナーができていなければ人間性が欠如しているのではないかと思われるはずです。

思いやりのある人間は信頼されますし、人の上に立とうとしているのであれば絶対に忘れないように肝に銘じておきましょう。

喜怒哀楽の感情を表に出す

人間関係がめんどくさくなると自分の気持ちを押し殺しやすく、結果的にギスギスしたり精神的に辛くなったりします。

ケースバイケースなので一概には説明できませんが、怒りや悲しみだけではなく喜びや楽しい気持ちを抑えて無理をするのは良くありません。

そんな人生はつまらないはずなので、喜怒哀楽の感情をなるべく表に出すようにしましょう。

  • 辛い時は悲しむ
  • 許せない時は怒る
  • 楽しい時は笑う

感情を表現できるのが他の動物とは異なる人間らしさですし、無理に抑えずに素直に表現した方が自分も楽になるのです。

特に、虚勢を張らずに自分の弱さを包み隠さずに見せた方が良いでしょう。

人間であれば誰しもが弱い部分は持っていますし、完璧な人はいないので隠す必要は全くなく、失敗を恥ずかしがらずに受け入れる必要があります。

傷付くことを恐れていては前に進むことはできないので、ある程度関係が深い人には強がらずに自分の全てを曝け出す覚悟も大事です。

自分のペースを確立する

周囲の人間関係に振り回されて嫌な思いをしている方は多いかもしれません。

  • 職場で派閥争いが起きている
  • 陰口や悪口を言う人が多い
  • 周りの人間から嫌がらせを受けている

嫌がらせを受けている場合は当人の問題なのでスルーするのは難しいかもしれませんが、イライラしないためにも自分のペースを確立するのは大事です。

時と場合によっては相手にどう思われるのか気にせずに本音をぶつけた方が良いこともあり、共感を寄せてくれる人も中にはいます。

周りのペースに巻き込まれると自分の意見を言えなくなるので、マイペースに考えるようにしてください。

自分の居場所を複数持つ

私たち人間は一つのコミュニティに縛られるとストレスを感じるようになります。

それが人間関係のめんどくさい職場であれば尚更ですし、いつまで経っても楽になることはできないので自分の居場所を複数持つようにしましょう。

  1. 職場以外にも実家や学生時代の友人など複数の居場所を持つ
  2. 1つのコミュニティでトラブルが起きたとしても逃げ場ができる
  3. 人間関係にどっぷりと浸からずに済む
  4. 負の感情のガス抜きとしても利用できる

自分の居場所がない人間ほど追い込まれやすいため、違う部署で気が合う人と仲良くしたりプライベートの輪を広げたりして付き合いの幅を広げて楽しんでいれば人間関係がめんどくさいとは感じなくなるはずです。

社会人になると学生の頃とは違い、自分から積極的に動かなければプライベートを充実させるのは難しいと心得ておきましょう。

まとめ

人間関係がめんどくさいと感じた時に、ほんの少しだけ自分の考え方を変えるだけで上手に人付き合いができたり気持ちが楽になったりします。

決め付けや先入観を持っていると人間関係が煩わしいものになりやすく、人の数だけ考えがあるからこそ柔軟な思考を持つべきです。

また、「自分だけが人付き合いが苦手なのか・・・」と不安を抱える必要はありませんし、「周りの人も皆悩んでいる」と気楽な気持ちで考えてみてください。

-人間関係

Copyright© 生きる意味をもう一度見つめ直すきっかけに/人生の谷間 , 2018 AllRights Reserved.