学校でのいじめ。クラスの全員に無視され死にたいと思った話。

更新日:

寄稿者:でんでん(20代後半・会社員・♀)

大手会社で営業職をしています29歳の女です。

私は今でこそ、仕事も恋も両立しており、休日は海外旅行三昧という楽しい日々を送っていますが、小学校の時はクラスほぼ全体からいじめられ、毎日死のうか考えていました。

その時の経験についてお話します。

スポンサーリンク

小学校の時いじめにあいました

私はどんな生徒だったか

昔、私は某首都圏の田舎の小学校に通っていました。

地元では比較的大きな小学校で1クラス35人ほど、それが7クラスありました。クラス替えは基本的には4年生のとき1回だけです。

つまりは1~3年を過ごすクラスと4~6年を過ごすクラスがあるわけです。

私がいじめにあったのは4年生のときです。その時の担任は25歳の男性でした。

私は勉強もどちらかというと、できたるほうでクラスでも割りと目立ってました。

いじめの主犯格

クラスの中に女王様体質の女子Aがいました。このAの親は地元でも権力者で、PTA代表でした。

そんなAが「今日はあの子を無視しよう」というと周りは、みんな無視をはじめます。

別に無視する子のことを嫌いといった話ではないですが、みんな、自分がターゲットにされるのが怖かったのです。

Aの命令で無視をはじめ、気分で無視行為が解除されます。

給食で好きな人同士で食べる時、班に入れてもらえなかったり、話しかけても答えていただけなかったり。椅子にひいていた防災ずきんを隠されたりしました。

ターゲットがころころ変わり、その仲間たちで無視されるのが日常茶飯事でした。

いじめのターゲットにされた私

ある日、私が何度目かのターゲットになった際。

「私つぶそう会を作ろう」とAが言い出し、男子もそれにのっかってきました。さらに、私のことを嫌いではない男子も加わっていました。

私は前述の理由で目立っていたため面白くなかったのでしょう。

毎日、ほとんどのクラスメイトからの無視が始まりました。体育のときも、ペアになろうといっても誰も口をきいてくれません。

長めな昼休みはつらかったです。音楽室への移動教室も一人で歩くのが辛かったです。財布を取られることもありました。

あの毎日キリキリするような心の痛みは今思い出してもつらく感じます。

それが『学校』という社会しか知らない私にとって、逃げ場もなくつらいものでした。

「毎日私が死んでも誰も悲しまない。もういいや。」と思って、川に入ろうか、沸騰したお湯を体にかけようかと考えていました。

死にたい気持ちを抑えることができたのは?

私を踏みとどまらせていたのが「家族」と「リセットの思考」です。

「家族」は何事もなかったかのように、接してくれます。私の存在を認め、愛してくれます。

いないものとして扱われている自分にとって、家だけが居心地がいい場所でした。

「リセットの思考」は私は大学にいくことを小学生の時から決めていました。

高校にいけば、もっといい人との出会いがある。
大学にいけば、もっといい人との出会いがある。

それを信じていたので、どうせ卒業したらこの関係はリセットされるんだ、と考えてました。

辛いけど耐えよう。

私の考えは正しかったのです。その考え方が身をむすび、高校、大学でいい友人と出会うことができ、今は楽しい人生を送っています。

いじめ首謀核のAは最終的にほかのクラスも含む児童から無視の反撃にあって不登校になっていました。

因果応報とはこのことですね。

いじめを経験してわかったこと

私はいじめられていましたが、家族に心配をかけるのが嫌で毎日学校に行ってました。

友達の母親が私の母親に「私がいじめられている」と電話連絡をしたこともありましたが、ただじゃれているだけだよ、と心配させまいとしました。

学んだのは出る釘は打たれるということです。

なぜか私はいい意味でも悪い意味でも目立ってしまうのです。別にとくだん可愛いわけでもありません。

そのため、余計な発言はできるでけ避けるようにしました。それが災いして、今も人の機嫌ばかりをうかがうようになってしまいました。

いつも私に対する評価はどうだと考えてしまう自分がいます。営業職をやっているので、それが結構疲れます。

中学までは地元だけしか知らなかったのですが、高校、大学に行き、私のことを受け入れてくれる友達ができました。

今は気の合う友達だけと旅行にいったりのみに行ったりしてストレスを発散させています。

あのとき、私が死んでしまったらできなかった、楽しい経験がいっぱいあります。死ななくて、いじめに負けなくてよかったと心から思います。

-いじめ

Copyright© 生きる意味をもう一度見つめ直すきっかけに/人生の谷間 , 2018 AllRights Reserved.