仕事に行くのが精神的に辛い時どうする?【効果的な対処法】

更新日:


仕事に行くのが精神的に辛い時どうする?

はぁー、もう精神的にヤバい、メンタルも限界だ………。

職場の人間関係が悪い、成果が出ない、激務薄給などで、仕事に行くのが辛いと感じるようになります。

負の感情が増幅しているまま働き続けても自分が辛くなるだけです。

転職という選択肢も視野にいれて、どんな対処法が効果的なのかいくつか見ていきましょう。

スポンサーリンク

仕事に行くのが精神的に辛くなる原因は?

仕事に行くのが精神的に辛くなる原因は大きく3つに分類できます。

仕事ができない、または成果が全く出ない
⇒自分の能力やスキルに起因している

職場の人間関係が悪い、労働時間が長い
⇒環境的要因に起因している

仕事がキツくて自己実現ができない
⇒仕事内容に起因している

自分に何かしらの問題が潜んでいたり、職場環境や労働環境に起因していたりと人によって異なるのが特徴ですね。

どの原因にしても私たちは生きていくために何かしらの仕事をしなければなりません。

頑張りすぎてしまうからこそ、精神的に辛くなるのではないでしょうか。

求人情報メディアや、人材紹介サービスの運営を行うエンジャパンで実施したアンケートがあります。

その結果によると、仕事上でストレスを感じている人が非常に多いということがわかりました。

<20代>

かなり強く感じる 32%
強く感じる 32%
適度に感じる 28%
あまり感じない 7%
ほとんど感じない 1%

<30代>

かなり強く感じる 35%
強く感じる 35%
適度に感じる 26%
あまり感じない 3%
ほとんど感じない 1%

<40代>

かなり強く感じる 37%
強く感じる 35%
適度に感じる 25%
あまり感じない 3%
ほとんど感じない 0%

参考:「仕事におけるストレス」についてのアンケート

年齢に関わらず、多くの人が何かしらのストレスを感じながら仕事へと取り組んでいることが分かります。

仕事に行くのが精神的に辛い時の効果的な対処法は?

仕事は趣味ではなくお金を稼ぐ目的で行うため、
「嫌だな~」「辛いな~」と感じることがあるのは、ある程度仕方がありません。

しかし、精神的に辛いのに無理をしていると、
「滅入ってしまった」「うつ状態になってしまった」と日常生活に支障が出やすいので注意すべきです。

そこで、以下では仕事に行くのが精神的に辛い時の効果的な対処法を幾つか紹介しています。

限界を超えてしまう前に実践してみてください。

仕事に行きたくない時は無理をせずに休む

仕事の内容によって異なりますが、会社へと行きたくない時は無理をせずに休むのも効果的な対処法の一つですね。

体調が悪いと嘘をついたり有給休暇を取ったりと、どんな方法でも構いません。

精神的に辛い時は心と身体の両方をしっかりと休めて、リラックスやリフレッシュを意識するのがとても大事です。

ただし、せっかくの休みをダラダラと過ごしていると罪悪感が強くなる可能性もあります。

外へと出掛けたり、自分の趣味の時間に費やしたり有意義に過ごしてみてください。

精神的に楽な仕事を探してみる

今の仕事を続けることに対して限界を感じている方は、精神的に楽な仕事を探してみてはどうでしょうか。

気苦労が多かったりノルマがキツかったりするとストレスが溜まりやすいため、次のような仕事がおすすめです。

  • 営業職以外でノルマが発生しない
  • 出張所などで一人で業務ができる
  • 自分の任された仕事をこなせば良い事務系
  • 残業がマイナス評価される仕事

「ノルマに追われない」「人間関係に疲れない」といった仕事は、精神的なストレスを溜め込まずに続けられます。

自己嫌悪に陥らないようにする

仕事で辛いことがあって業務も人間関係も上手くいかない時、次のように自己嫌悪に陥る方がいます。

  • 自分は甘い
  • 自分はダメな人間
  • 自分でも何もできない

自己嫌悪に陥ると心が深く沈んで、更に状態が悪化します。その心理から抜け出すことから始めなければなりません。

「自分を大切だと思える自尊心が育っていない」
「自分に厳しくて完璧主義」
「他者の評価を気にしすぎる」

このような人は自己嫌悪に陥りやすいので、次のような対処法が効果的です。

  • 自分が接していて安心できる人と付き合って自尊心を持つ
  • 自己嫌悪ではなく反省をして次の仕事に活かす
  • 素直に自分の非を認めて相手に報いようと考える

自分には何の価値もないと捉えると仕事に対するモチベーションは更に下がりやすいため、もっと楽な考え方をしてみてはいかがでしょうか。

今の仕事が精神的に辛い人は転職を視野に入れよう

精神的に楽な仕事が必ずしも自分に合っているとは限りません。

しかし、今の仕事が精神的に辛いと感じている人は、転職を視野に入れるのは選択肢の一つです。

転職を逃げと捉えている方は非常に多いものの、少しでも自分に合う仕事を探したいと考えるのは何も不思議な話ではないでしょう。

  • 新しい仕事につくと自分の可能性も広がる
  • 人間関係のストレスから解放される
  • 今回の経験を生かして次の会社を探せる

転職にはこのようなメリットがあり、20代や30代など若ければ若いほどチャンスはありますよ。

まずは自分の市場価値を調べてみよう

実際に、転職しようと思ったあなたにして欲しいのが、自分の市場価値を知るということです。

転職市場で、あなたは年収いくらと評価されるか気になりませんか?

働く上で、給与は非常に気になる問題ですよね。

そこでおすすめなのが、MIIDAS(ミーダス)。

MIIDAS(ミーダス)
あなたの適性年収を今すぐ診断する

質問に答えるだけで、あなたの市場価値を提示してくれます。時間のかかる、職務経歴書・履歴書の作成は不要です。

かんたんなので、実際に私もやってみました。
結果は以下の通り。

MIIDAS(ミーダス)

年収が予想したより高い結果に! 私も転職するタイミングかもしれません。

あなたのスキルを高く評価してくれる会社で働いてみませんか?

あなたの適性年収を今すぐ診断する

気になった方は試してみてくださいね。

現在では転職サイトや転職エージェントなどインターネットを使って仕事を探しやすい時代です。

うつ病へと発展する前に職場環境を変えてみてください。

-仕事が辛い

Copyright© 生きる意味をもう一度見つめ直すきっかけに/人生の谷間 , 2018 AllRights Reserved.