仕事のやる気が出ない、モチベーションが上がらないのは転職の合図?

更新日:


仕事のやる気が出ない女性

「ストレスを抱えている」「将来に不安がある」といった理由で、仕事のやる気が出ない方は少なくありません。

仕事に不満があってモチベーションが上がらないのであれば転職の合図やサインだと考えることができます。

具体的に、どのように現状を打破すれば良いのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

仕事のやる気が出ない原因とは?

誰でも働くのが嫌になり、仕事のやる気が出ないことはありますよね。

「月曜日を迎えると憂鬱になる」「仕事のことを考えるとテンションが下がる」といった悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

以下では、仕事のやる気が出ない原因を幾つか挙げてみました。

  • 上司や同僚と上手くコミュニケーションを取ることができず、人間関係で精神的なストレスを感じている
  • 生活リズムが崩れていて、空腹感や身体の痛みなど何かしらの不調や不快感を訴えている
  • 「上手くいくのか不安」「プレゼンが怖い」「将来が見えない」「ゴールが見えない」など様々な不安がある
  • プライベートで一切の刺激がなく、生きているのがつまらないと感じている
  • 「給料が全く上がらない」「スキルアップに繋がらない」「残業が多い」など今の仕事の不満が多い
  • 次から次へとやらなければならないことがあり、頭が混乱してスケジュール管理ができない
  • 理想と現実のギャップが激しく、今の自分に耐えることができない

仕事のやる気が出ないのは、何も職場や人間関係に全ての原因が潜んでいるわけではありません。

プライベートでも上手くいかないと業務にも支障が出やすく、充実感や達成感がないと少しずつモチベーションが下がっていきます。

モチベーションが上がらないのは転職の合図なの?

仕事の悩みを抱えている人は転職もあり

モチベーションが上がらないからといって、絶対に退職して転職した方が良いと言い切ることはできません。

それはやる気やモチベーションが下がっている理由が仕事ではなく、プライベートに潜んでいるケースも意外と多いからです。

  1. 今の仕事には満足もなく不満足もないといった感じ
  2. 給与面や人間関係で大きな悩みは特にない
  3. プライベートが充実していなくて仕事ばかりの生活が続く
  4. 何事にもやる気がなくなって軽いうつ状態に陥る

このような人が環境を変えるために闇雲に転職をしても、失敗する確率が上がってしまいますよ。

転職先の職場の環境が今よりも悪くなれば、更にドツボへとハマってしまうのではないでしょうか。

つまり、モチベーションが上がらないのが転職の合図と考えるのではなく、まずは何が原因でやる気が出ないのか突き詰めるのが大事ですね。

仕事でモチベーションが上がらない人は辞め時!

プライベートには何も問題はなく、仕事でモチベーションが上がらない人は辞め時だと考えられます。

今の仕事に不満を持ちながら働いていても現状を打破できるとは限らないため、思い切って転職してより良い環境を目指すのは選択肢の一つなのです。

以下では、モチベーションが下がって維持できなくなった人が転職した方が良い理由について幾つか挙げてみました。

  • やる気がなくなると仕事を適当にこなすようになり、確認事項が疎かになって重大なミスを犯す
  • 仕事への不満があまりにも強くなると、うつ病や自律神経失調症などの病気を患うリスクが高くなる
  • 精神的な病気を発症すれば、仕事だけではなくプライベートにも支障が出る

「今の仕事を辞めて転職する=悪いこと」とイメージしている方は少なくありません。

しかし、現在では職業や職種に限らず転職してより良い職場を探すのは何も不思議なことではなく、全ての労働者に与えられた権利なのです。

今の仕事に限界を感じ、このまま続けていても何も変わらないようであれば、少しずつ焦らずに転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。

自分の市場価値を知ろう!

転職をすると決めても、今より悪い条件で働くことになっては意味がありません。

あなたには、今よりいい待遇や条件で働いてもらいたいです。

まず転職市場で、あなたの適性年収を知りましょう。

そこでおすすめなのが、MIIDAS(ミーダス)。

MIIDAS(ミーダス)

質問に答えるだけで、あなたの適性年収を提示してくれます。時間のかかる、職務経歴書・履歴書の作成は不要です。

またその年収でエントリーできる求人情報も教えてくれるので、内定がもらえる確率もグッと高くなると思いますよ。

環境が変わると人生が変わります。後はやるかやらないかです。

転職活動中のモチベーションを維持する方法

転職活動中のモチベーションを維持する方法

仕事にやる気が出ない理由で辞める方は多いものの、転職活動中のモチベーションを維持するのも意外と大変なものです。

  • 自分に合う求人を探したり書類選考に応募したりとやらなければならないことが多い
  • 生活資金に不安が残る人は、今の仕事を続けながら転職活動を進める必要がある
  • 転職は平均して3ヶ月程度の期間がかかり、プライベートの時間を削らなければならない
  • 面接へと行くために休んだりバレないように活動したりと周囲に気を配る必要がある

上記のような原因で転職活動自体が嫌になってやる気が出なくなるケースは少なくありません。

そこで、転職活動中どのようなに、モチベーションを維持すればいいのか説明していきます。

一度実践してみてくださいね。

  • 感情に押し流されて辞めるのではなく、まずはスキルアップして自分に自信を付ける
  • 転職サイトにアップされる新しい求人のチェックをルーティーン化する
  • 「早く転職を成功させなければ・・・」と焦るのではなく、休日をしっかりと作って趣味の時間を増やす
  • 転職に関する様々なサポートをしてくれる転職エージェントへと相談する

転職自体にやる気が出なければ、

「新しい仕事が見つからない」
 ↓
「今の仕事を続けなければならない」
 ↓
「更にモチベーションが低下する」

このように負のスパイラルに陥りやすいので注意しましょう。

-仕事が辛い

Copyright© 生きる意味をもう一度見つめ直すきっかけに/人生の谷間 , 2018 AllRights Reserved.