何もしたくない時は、やる気が出るようにする準備期間

投稿日:


何もしたくない

「何もしたくない!」というのは日々の生活の中で、心身ともに疲れてしまった時に思うことが多いですよね。

頑張り屋さんなあなたは、ついつい日頃から無理をして、辛い思いをしているのではないでしょうか?

今回は何もしたくないと思ってしまったときの心理や対処法まで、詳しくお話していきます。

最後に何もしない時間をより楽しむための方法も合わせてご紹介しますから、
ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

「何もしたくない」は自分からのSOS!?

何もしたくないときは、何もしなくていいとき

そもそも「何もしたくないな」と思うことに罪悪感を覚える方に最初にお伝えしておきたいのですが、「何もしたくない」とあなたが思うときは、基本的に「何もしなくていい」ときです。

そんなことない!と思われるかもしれません。

「何もしたくないけど、やらなければいけないことが目の前にたくさんある」と思う方もいるでしょう。

しかし、むしろ「何もしたくないな」と思うとき、あなたは何もしてはいけないのです。

やらなければいけないことがあるとしても、命にかかわるものでもない限りはいっそ後回しにしてしまうべきです。

その理由について、ここから説明していきましょう。

何もしないことは悪いことなのか

そもそも「何もしない」ことは悪いことなのでしょうか。

勤勉であること、また努力することは大切です。

ですが、人間に限らず生物というのは常に頑張り続けられるようにはできていません。

サバンナに生きる肉食獣だって狩りのとき以外はごろごろと寝ていますし、小さな鳥だって枝の上に止まってじっとする時間を持ちます。

緊張を解きほぐし、何も考えずにのんびりと時間を楽しむ余裕は、生きていく上で必要なものです。

特に処理しきれないほどの情報が飛び交い、人間同士のかかわり方すら目まぐるしく変化する現代社会で生きる人間にとって、何もしない時間は必須ともいえるのです。

「何もしたくない」は自分からのSOSかも!?

人間の心身というものは思いのほかうまくできていて、自分が倒れてしまう前に様々なシグナルを送ってくれます。

例えば精神的に不調になってくると不眠、食の細りといった肉体的な症状が出てくるように、自分の身体が欲求することは必ず何か意味があるのです。

「何もしたくない」という気持ちも同様で、こう思うとき心身のどちらかに不調をきたし始めていることも多いのです。

もしかしたら「何もしたくない」とあなたが感じるとき、身体か心か、もしくは両方が悲鳴をあげはじめているかもしれません。

たかだか気分の問題、自分の甘えなどと思わずに。「何もしたくない」ときは、まず自分の状態を振り返ってみるようにしましょう。

何もしたくないときは、やる気を出すための準備期間

何もしたくないときは、やる気を出すための準備期間

頑張ることと無理をすることは違う

頑張ることと無理をすることはイコールではありません。

無理をすることが癖になってしまうと、無理をしていないと頑張っていないような気になってしまうことがあります。

もしあなたが無理をしてしまうことが日常的になっているなら、まずは無理をしないことを心がけましょう。

無理をすることで心身に疲れが知らぬうちにたまってしまい、結果的に「何もしたくない」状態に繋がってしまいます。

休むことも仕事の内

冒頭で申し上げましたが「何もしたくない」と感じたときは、何もしなくていいのです。

休むことも、立派な仕事です。人間、メリハリがないと肝心な時に自分の力を発揮することができなくなってしまいます。休むことで、よりやらなければならないことが効率よくできるようになるのです。

休むときに罪悪感を覚えたらぜひ「休むことも仕事の内だ」と口に出してみてください。

最初は心からそう思えなくても、口に出していうことでだんだんと前向きに休めるようになるはずです。

何もしないときこそが、やる気を出すための準備期間

人間が睡眠中に記憶を整理するように、何もしないときにもちゃんと意味があります。

人にもよりますが、例えば、会社や学校からちょっと距離を置いて心を休める効果があるでしょう。

日常的に頑張りすぎている身体を回復させる効果もありますし、頭を空っぽにしてのんびりすることで気分もリフレッシュできます。

「何もしない」というのは悪いことではないのです。

何もしない状態は、ジャンプをする前にしゃがむ動作と一緒なのです。何もしないときこそ、やる気を出すための準備期間なのです。

スポンサーリンク

何もしたくないときにおすすめの3つの息抜き法

何もしないことの魅力や効果についてお伝えしたところで、ここからは頑張り屋さんの何もしない時間をより充実させるために3つの息抜き法をご紹介します。

ハーブティでリラックス!

ハーブティでリラックス!

ノンカフェインの飲み物は、リラックスタイムにピッタリの飲み物です。

最近「カフェインレス」が静かなブームになっていることもあり、身近なスーパー等でもノンカフェインのコーヒーやお茶が手に入るようになってきました。

その中でも息抜き時にオススメなのが、癒し効果の高いハーブティです。

心を落ち着けて安眠させてくれる効果のあるカモミールティや、PC作業やスマホ画面を見ることが原因で日頃から昂ぶりがちな

自律神経を落ち着けてくれる効果があるジャスミンティ、美容に良い成分がたっぷり含まれた女性にうれしいロースヒップティなどがおすすめですよ。

アロマを焚こう

アロマを焚こう

アロマオイルを焚いて、香りを楽しんだりリラックスしたりするのもいいですね。

高いリラックス効果があるラベンダー、情緒不安定な時に効果を発揮するといわれているゼラニウム。

ストレスが溜まっているときは、不安や緊張を和らげてくれるイランイランもイチオシですよ!

睡眠の質を高めよう

睡眠の質を高めよう

何もしないとなると、睡眠時間に充てる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

睡眠の質を高めるべく、安眠グッズを購入するのもオススメです。

布団や枕といった寝具を新調するのも良いですし、それこそ安眠効果のあるハーブティやアロマを利用するのも良いでしょう。

アイマスクや耳栓といった小さめのアイテムをプラスしてみるのも、ちょっと気分が変わっておすすめですよ。

まとめ

何もしたくないと思ったときは、ぜひ「何もしない」という時間を過ごしてみましょう。

何もしないという最高に贅沢な時間を過ごしたら、きっと前よりも少し元気に、前向きになれるはずです。

-生き方

Copyright© 生きる意味をもう一度見つめ直すきっかけに/人生の谷間 , 2018 AllRights Reserved.