会社辞める理由とタイミング、円満退社の秘訣

更新日:


会社辞める理由とタイミング
会社を辞める理由とタイミングで迷っている方は多いのではないでしょうか。

そんな方が円満退社できるように、「不平や不満を伝えるのはNG」「納得できる理由はOK」とアドバイスしているので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

会社を辞める主な理由は?

会社を辞める時にどのような理由を上司へと伝えれば良いのか迷っている方は多いかもしれません。

どんな会社でも社員を縛り付けられる法律はありませんし、退職届を提出すれば誰でも辞められます。

しかし、辞める理由や口実を話すのが意外と厄介で、本心を素直に伝えた方が良いのか建前を言った方が良いのか悩みどころです。

そもそも、どのような理由で会社を辞める人が多いのか見ていきましょう。

  • 職場の人間関係のもつれに耐えられない
  • 上司や経営者の仕事の仕方が気に入らない
  • いつまで経ってもスキルアップが望めない
  • 給料やボーナスが安くて上がる見込みがない
  • 休日出勤や残業など労働環境が良くない
  • 仕事の内容に面白みがなくてやりがいがない
  • 子育てと両立するのが難しい

上記のように個人によって大きく異なり、会社や職場の人間に対して何かしらの不満を持っている点では一緒です。

「今の会社には何も文句がない」「このまま働き続けたい」という気持ちがあるのならば、「辞めたい」「転職したい」という気持ちは湧き上がらないでしょう。

円満退社の秘訣は会社を辞める理由の伝え方にあり!

「立つ鳥跡を濁さず」ということわざがある通り、会社を辞める際はなるべく波風を立てないように心掛けなければなりません。

「もう辞める人間だから悪い噂を立てられようが関係ない」ということで、何も言わずに立ち去るような人はいます。

しかし、社会人の常識としてバックれるのは良くありませんし、辞めるにしても円満退社したいと考えるのが普通です。

実は円満退社の秘訣は「会社を辞める理由の伝え方」にあり、どのように上司へと伝えるかによって相手の捉え方が大きく異なります。

ストレートに自分の気持ちをぶつけるのが悪いわけではありませんが、気に入らない上司がいたり社風についていけなかったという理由はそのまま伝えるのではなく建前を用意した方が良いでしょう。

次の3つは退職時のNG行動で、円満退社できない可能性が高くなります。

  • 不平や不満をあれこれと伝える
  • ギリギリのタイミングで退職を伝える
  • 転職先を今の職場の誰かに教える

そこで、以下では会社を辞める上手な伝え方をご紹介しているので参考にしてみてください。

経済的な理由を伝える

会社は個人が文句を言ったからといって簡単に一人の給料を上げることはできず、経済的な理由を伝えれば引き止めたくても引き止められません。

・もう少し辛抱してみたらどうだ?
・そんな理由で辞める必要があるのか?

このようにすんなりと受け取ってもらえない可能性は低く、経済的な理由は本音でも建前でも通用します。

しかし、「給料が低いのは事実だけど、それを承知でうちの会社に入社したのでは?」と思われます。

とはいえ、不平や不満なのには変わりないので、より高い満足を得るために辞めると伝えるのが円満退社の秘訣です。

  • 自分のスキルアップのために転職したい
  • 資格を取得して別の職種にチャレンジしたい
  • 語学留学して英語力を上げたい

上記のような理由であれば波風が経つ心配はありません。

キャリアアップやスキルアップは円滑に仕事を辞める理由の定番で、転職先の志望動機としても活用できます。

親の介護が必要になった

会社を辞める口実として親の介護が必要になったという理由を上司へと伝えている方は多いはずです。

定番すぎて嘘なのではないかと上司から思われるかもしれませんが、怪しいとしても疑うこと自体が不謹慎だと考えられます。

「本当に介護なのか怪しいぞ、介護が必要なのか証明しろ!」

普通の人ならばこう問い詰めることは絶対になく、会社側はどうしようもない事として受け入れるしかありません。

円満退社を臨んでいるのであれば、次の3つの理由はNG

  • 社員を酷使してでも利益を出すことが大事という企業風土についていけない
  • ○○さんと性格や考え方が合わないからやっていけない
  • 毎日が同じことの繰り返しで仕事がつまらない

親の介護や子供の世話など建前を用意しておきましょう。

身体的な理由を伝える

嘘をつくとバレる可能性があるので注意しなければならないものの、身体的な理由を伝えるのも選択肢の一つです。

過酷な労働環境が原因で身体的にも精神的にも大きな負担が加わり、体調不良が続いたりうつ病を患ったりというケースは決して少なくありません。

会社として辞めて欲しくない人材だったとしても、社員の健康を二の次にして働かせることはできず、無理に引き止めることはしないでしょう。

しかし、上記でもご説明したように、本当に体調不良で退職を考えていたとしても上司の名前や社風についての文句を言うのはできる限り避けるべきです。

人間はどこで繋がりがあるのか分かりませんし、円満退社を心掛けていれば別の場所で出会う可能性も十分にあります。

そんな時に気まずい関係にならないためにも、仕事・組織・待遇という本当の不満を伝えないように注意してください。

会社を辞めるタイミングは円満退社では大事!

会社を辞める理由についてあれこれと模索するだけではなく、辞めるタイミングを考えるのも円満退社の秘訣です。

そもそも、どのような流れで会社を退職できるのか大まかにまとめてみました。

①最初に上司へと仕事を辞めることについて相談する
②説得されるケースが多いので肯定的な理由を伝える
③数日間から数週間程度の後に決心に揺らぎがなければ意志を改めて伝える
④上司と退職日を決めて退職願を提出する
⑤公的な手続きをいつまでに行うのか確認する
⑥仕事の引継ぎを終えて会社に返すものや持ち帰るものをチェックする

辞めたいからといって上司に伝えてその日のうちに会社を去れるわけではなく、書類関係の提出や後輩への仕事の引継ぎなどやらなければならないことはたくさんあります。

つまり、直前に伝えられても会社側は困りますし、円満退社のためにタイミングを考慮しなければならない理由はお分かり頂けるはずです。

そこで、どのようなタイミングがベストなのか確認しておきましょう。

退職する1ヵ月前~3ヵ月前にアポを取る

会社の就業規則によって意思表示のタイミングは異なりますが、退職予定の1ヵ月前~3ヵ月前に上司へとアポを取るのがベストです。

直属の上司以外にアポを取るのはマナー違反で、「なぜ最初に自分に伝えてくれなかったのか?」とトラブルの原因となります。

退職交渉や引き継ぎで時間がかかるとしても、1ヵ月前~3ヵ月前に伝えておけば特に問題はありません。

転職先と入社日が決まっている方は逆算して考えるのが良いですし、決まっていない状態であれば直ぐに内定を貰えるのか転職エージェントに意見を伺っておきましょう。

繁忙期を避けて閑散期にする

「いつ辞めようが自分の勝手なのではないか?」と考える方は多いものの、繁忙期を避けて閑散期のタイミングに話すのが円満退社の秘訣です。

大きなプロジェクトへと取り組んでいる真っ最中や会社全体が忙しい繁忙期は、「忙しいから後にして」と取り合ってもらえない可能性があります。

上司が都合をつけやすいタイミングを選ぶのも大事なポイントで、気持ちに余裕がある閑散期や人事異動が内示された直後に伝えましょう。

まとめ

以上のように、会社を辞める理由やタイミングには暗黙の了解があります。

社内の雰囲気をメチャクチャにしてまで辞めたいと考える人は少ないですし、「快く送り出す」「快く立ち去る」とお互いに気持ち良くなるのが一番です。

円満退社の秘訣は会社を辞めることを伝えるあなた次第なので、転職や退職の予定がある人はどうすれば良いのかゆっくりと考えてみてください。

-仕事が辛い

Copyright© 生きる意味をもう一度見つめ直すきっかけに/人生の谷間 , 2018 AllRights Reserved.