仕事が辛い時に元気がでる!名言と曲をまとめて紹介

更新日:


仕事が辛いときに元気がでる曲と名言
仕事が辛い時にどのように対処すれば良いのか悩んでいる方は多いかもしれません。そんな時は元気を出して明日を見つめるのが一番なので、心に響く名言や曲を集めてみました。

スポンサーリンク

仕事が辛いと感じて凹むことは誰にでもある

仕事が辛いと感じて凹んだりテンションが下がったりということは誰にでもあります。

  • 仕事でミスをして上司から怒られてしまった
  • 仕事をこなしていくうちに自分の価値が分からなくなった
  • 頑張っても努力しても全く認められない
  • 残業時間が長すぎて体力的に辛い
  • 職場に打ち解けて話せる相手がいなくて精神的に辛い

個人によって理由は違えど、「辛いのは自分だけじゃない!」「同じように苦しんでいる人がいる」と考えれば少しは心が楽になるはずです。

仕事が辛い時に元気がでる名言をご紹介!

仕事が辛くてポジティブな気持ちを持てない方のために、このページでは元気が出る名言をご紹介しています。


問題は未来だ。だから私は、過去を振り返らない。

(ビル・ゲイツ)

マイクロソフトの立役者という大きな成功を収めた人の素晴らしい言葉です。

確かに、過去の過ちを悔やんでばかりいても何も始まりません。

「過去を思い出して振り返る」のではなく、「今を生きる」「明日を生きる」という強い信念が自分を成長させてくれます。

積極的に仕事をすれば、失敗するのは当たり前。
(明治食品 佐藤辰雄)

「失敗すらできない奴になるな」という思いがこの名言から伝わってきます。

誰でも失敗せずに成功を収めたいと考えるかもしれませんが、どんな偉人でも失敗を繰り返して前に進んでいるのです。

「失敗したって何れまたチャンスは巡ってくる」とモチベーションを高めて仕事に取り組んでみてください。

体力的にも精神的にも滅入ってしまいそうな方は有名人の元気が出る言葉を聞き、心を癒して踏ん張る糧にしてみてください。

ミスをすることは悪いことじゃない。それは上達するためには必ず必要なもの。ただし、同じミスはしないこと。
(松岡修造)

上記の名言と似ていますが、ミスを恐れている人にとって心に突き刺さるような名言です。

仕事では同じ失敗やミスを繰り返すような過ちを犯してはいけませんし、「こいつは全く成長しないな」と思われてしまいます。

それでも、「失敗してしまうかもしれない」「自分はもうダメだ」というネガティブ思考を捨て、「失敗が自分を成長させてくれる」と思い込んでみてはいかがでしょうか。

あせってはいけません。ただ、牛のように、図々しく進んで行くのが大事です。
(夏目漱石)

仕事で何か辛いことがあり、今すぐに辞めたいという衝動に駆られる方は多いかもしれません。

しかし、夏目漱石の言葉のように焦ったところで良い結果はついてきませんし、一歩ずつ進んでいかなければ自分を変えられないのです。

時間はたっぷりとあるので、「焦らずに今の自分に何が必要なのか?」「これからどのように解決すれば良いのか」といったことを考えてみてはいかがでしょうか。

壁というのは、乗り越えられる人にしかやってこない。だから壁がある時は僕はチャンスだと思っている。少しずつ前に進んでいるという感覚は人間としてすごく大事。
(イチロー)

乗り越えられる人にしか壁はやってこないという言葉は素晴らしいと思います。

壁にぶつかるのを悪いことではなく良いことだと捉えており、確かに自分自身を成長させられる大きなチャンスなのです。

今の苦悩を踏ん張って乗り越えた時に、あなたには新しい未来が待っているのではないでしょうか。

未来を臨む人間しか未来を変えることはできず、たった一歩ずつでも前に進み続けるのが仕事でも人生でも大事です。

自分の中の力を信じて!
(バグワン・シュリ・ラジニン)

この言葉からは、「自分の中に眠っているエネルギーをそのままにして良いのか?」「自分を信じないで誰を信じれば良いのか?」という思いが伝わってきます。

仕事で成功を収められなかったりミスを繰り返したりしていると、自分には何も取り柄がない人間なのではないかと考えるかもしれません。

しかし、取り柄がない人間なんていませんし、今の自分にできることを精一杯行って突き進めば良いのです。

短いながらもそんな勇気を与えてくれる名言だと感じました。

仕事が辛い時に元気がでる曲をご紹介!

次に、仕事が辛い時に元気がでる曲を幾つかご紹介しているので、心が折れそうな時にゆっくりと聴いて癒されてみてください。

槇原敬之の『どんなときも』

槇原敬之の名作とも言える曲が『どんなときも』で、仕事でもプライベートでも嫌なことがあった時に聴いてみてはいかがでしょうか。

「消えたいくらい辛い気持ち抱えていても鏡の前笑ってみるまだ平気みたいだよ」

サビの前のこの歌詞はとても勇気付けられます。

明るい曲なので暗い気持ちになっている時におすすめです。

スキマスイッチ『全力少年』

仕事でもプライベートでも辛い時に元気がでる曲の定番がスキマスイッチの『全力少年』です。

「さえぎるものはぶっ飛ばして まとわりつくものかわして」

この2番のサビの歌詞は、仕事で挫けても前に進まなければという気持ちにさせてくれます。

もちろん、がむしゃらに前に進むだけではなく、時には立ち止まって自分を見つめ直す時間も必要だと心得ておきましょう。

スピッツ『空も飛べるはず』

辛くて落ち込んだ時に聴いて欲しいのがスピッツの『空も飛べるはず』です。

曲名のようにどこかスっと自分を遠くへと運んでくれるのではないかという感覚になるような歌で、気分転換したい時にピッタリかもしれません。

人生において息抜きは欠かせませんし、落ち込んだ時は思い切り落ち込んで次へと繋げるエネルギーにすれば良いのです。

GReeeeN『道』

仕事や人生で失敗して辛い状況に立たされた時に聴いて頂きたい名曲の一つです。

人生を1本の道に例えていて、どんなに辛くても今があるからこそ明日という未来が待っているという内容の曲となっています。

大サビの部分でよりアップテンポなメロディーとなり、歌詞の内容と合わさって元気付けられることは間違いありません。

ZARD『負けないで』

定番すぎる感じはありますが、それでも今後もずっと色々な人に聴き続けてもらいたい色褪せない名曲だと思いました。

いつ聴いても心にジーンときますし、「今の仕事が辛くて挫折しそうでも負けちゃいけない」という気持ちにさせてくれます。

挫けずに踏ん張っていれば、いつかは楽しいことや嬉しいことが待っているはずです。

まとめ

以上のように、辛い時に元気が出るような有名人の名言やいつまでも心に残る曲をご紹介しました。

ただの言葉でもメロディーを加えた曲でも、自分の人生の転機に繋がるというケースは決して珍しくありません。

たった一言で明日が見えることもありますし、「自分はダメだ・・・」と諦めないで元気を出してみてください。

-仕事が辛い

Copyright© 生きる意味をもう一度見つめ直すきっかけに/人生の谷間 , 2018 AllRights Reserved.