仕事に行きたくない病はうつ病になる危険性アリ!

更新日:


仕事に行きたくない病

「仕事が嫌だ」「会社に行きたくない」と考えることは誰にでもあるでしょう。

しかし、思い詰めすぎるとうつ病になる危険性もあります。

そんな最悪なケースに至るくらいなら、転職や会社を辞めるという手段も、もちろんアリです。

『あなたの心の状態や身体の症状』から、その深刻度をはかっていきましょう。

スポンサーリンク

月曜日に症状が顕著にあらわれる

仕事に行きたくないという症状が顕著にあらわれるのは月曜日だと考えられており、
「月曜日が迎えるのが憂鬱」という人は少なくありません。

土曜日と日曜日の束の間の休日を過ごし、「明日からまた金曜日まで1週間を乗り切らなければならない」と精神的に負荷がかかるためです。

1週間の中でも精神的な状態が最も悪くなりやすいのが月曜日で、「ブルーマンデー症候群」や、日曜日の夜にサザエさんが放送されるのをなぞって「サザエさん症候群」とも呼ばれています。

仕事そのものに対して良い感情を抱いておらず、「またミスをするかも」「また怒られるかも」「締め切りに追われる」など起こるとは決まっていない先のことを想像してしまうのです。

このブルーマンデー症候群に陥りやすい人の特徴を以下では幾つか挙げてみました。

  • 休日に取り組むことがなくてゴロゴロしている
  • 真面目で気を使いすぎる
  • マイペースに生きたいと考えている
  • 前日、日曜日の寝つきが悪い
  • 何事も張り切り過ぎる

上記の中でも休日に何もしていない人は要注意で、ボーっとしているような時間が長いと言いようのない虚無感に襲われることがあります。

休日に日頃の疲れを癒すために十分な休養を取るのは大事だとしても、過度にダラダラと過ごしていると毎週月曜日を迎える度に辛い気持ちへと誘われるのです。

ブルーマンデー症候群は軽度のうつ病の一種とも言われており、今の状態を放置せずに早めに対策を練らなければなりません。

朝、出社しようと思うと吐き気をもよおす

月曜日に仕事に行きたくないと感じる程度ならば誰にでもありますし、月曜日に重要な案件が入っている状態であれば尚更です。

しかし、朝出社しようと思うと吐き気をもよおす人は注意した方が良いでしょう。

吐き気の原因は様々で、体調の悪化の思い当たる節がなければ仕事によるストレスが考えられます。

  • 先輩や上司が厳しくて精神的なストレスを抱え込んでいる
  • 頑張っても成果が出なくてモチベーションが下がっている
  • 自分の欲求や本音を相手に伝える機会がなくて不満を溜め込んでいる
  • 漠然とした不安でも気になって仕方がない

このような理由で少しずつ精神的なダメージが加わり、出社して仕事に行かなければと考えると吐き気をもよおすのです。

機能性胃腸症(Functional Dyspepsia)をご存知でしょか?

小型カメラやレンズを内蔵した管を口や肛門から挿入し、内臓の状態を確かめる内視鏡検査で異常が見当たらないのにも関わらず、吐き気や胃もたれを引き起こす病状のことを機能性胃腸症と呼びます。

ストレス性胃腸炎とも呼ばれていることから精神的なストレスが深く関わっており、最も影響を受けやすい部位が胃腸なのが大きな理由です。

会社で嫌なことがある

出社する度にストレスを感じる

自律神経のバランスが崩れて胃の収縮が起きる

機能性胃腸症を発症する

このようなメカニズムで発症するのです。

消化管運動機能改善薬や酸分泌抑制薬など様々な治療が実施されているものの、直接的な原因となるストレスへの対処をしなければ根本的な解決には繋がりません。

そのままだととうつ病になる危険性も

そのままの状態を放置し、うつ病を患ってしまったというケースは少なくありません。

ブルーマンデー症候群や吐き気をもよおすような人は特にうつ病になる危険性があります。

はっきりとした原因は未だに解明されていないものの、脳で働く神経の伝達物質の働きが悪くなり、身体的な病気や精神的なストレスが引き金となって様々な意欲の低下が見られる病気がうつ病です。

人間の三大欲求である「食欲」「睡眠欲」「性欲」が低下し、代表的な症状を以下では幾つか挙げてみました。

抑うつ気分 ・何もしていないと悲しい気持ちになる
・訳もなく涙がポロポロと出てくる
・自分はダメだと責め続ける
思考力や意欲の低下 ・集中力が低下して些細な決断ができない
・今まで大好きだった趣味に興味がなくなる
・不安感や焦燥感に駆られる
睡眠の異常 ・寝付きが悪い(入眠困難)
・夜中に何度も目が覚める(中途覚醒)
・睡眠時間は長いのに眠った気がしない(熟眠障害)
身体に起こる症状 ・倦怠感や疲れ
・月経不順
・頭痛
・便秘
・動悸

上記のように様々な症状に苛まれるのがうつ病の特徴で、1996年に約43万人だった患者さんが2008年には約104万人に増えたと厚生労働省が実施した調査で分かりました。

会社に行きたくないという軽度の症状であれば、素直に休みをもらってゆっくりと過ごせば次第に疲れもやる気も回復していきます。

しかし、うつ病を患うほど症状が悪化していると休んだだけでは回復しませんし、手遅れになると長期間に渡る治療を本格的に病院で行わなければならないのです。

「うつ病なんて甘えている人間が患う病気だ」と考えている方は多いものの、本人の意思ではどうにもできないような状態に陥りやすく、人によっては自殺願望を抱くこともあるので危険な病気だと認識しておかなければなりません。

ストレスを感じやすい人とそうでない人

人間であれば誰しもがストレスを感じますし、「辛い」「苦しい」「痛い」といった感情が代表的です。

しかし、同じようなストレスでも感じやすい人とそうでない人がおり、性格や行動にどのような違いがあるのか見ていきましょう。

ストレスを感じやすい人(ストレス耐性に弱い)
・何もせずにじっと座っているのが苦手で落ち着きがない
・友人や先輩からの頼みを断れない生真面目な人
・何事も納得のいくまでやらなければ気が済まない完璧主義
・貪欲で競争心が高く、何事にも張り切る
・他人に対して厳しくてリラックスした状態で付き合えない
・いつも受け身で控えめで本音を表に出さないことが多い
ストレスを感じにくい人(ストレス耐性に強い)
・「まあいいや」と受け流してマイペースに物事を考えられる
・人生は自分の思い通りにならないと悟っている
・失敗やミスをしても明日があるさとポジティブな感情を持てる
・パっと切り替えてクヨクヨといつまでも考えないようにしている
・休日など自分一人の時間を大切にしていてリフレッシュを心掛けている
・他人を配慮したり感謝したりすることができる

マイペースでのんびりしている人はストレスを感じにくく、嫌なことや辛いことがあったとしても軽く受け流すことができます。

一方で、気難しい人や完璧主義の人は軽く受け流すようなことでもイライラしやすく、人間関係のトラブルになったり挫折感を感じたりするのが特徴です。

まとめ

このページでは、月曜日になって仕事に行きたくないと感じ、吐き気をもよおすような状態だとうつ病の危険性が高い点についてまとめました。

もちろん、今のままの状態を放置していても自然と解消されないかもしれませんし、余計に症状が悪化するリスクもあるのでどんな対策や対処法が適しているのか見ていきましょう。

  • 月曜日から金曜日まで仕事を頑張った自分へのご褒美を作る
  • 「1日が終わったらビールを飲む」など毎日の楽しみを作る
  • 会社までタクシーを使ったり緊急性のない仕事を後回しにしたりと適度に手抜きする
  • 休日に趣味に没頭してリラックスやリフレッシュを心掛けてストレスを発散する
  • 物事を見る視点を変えて自分にどのような価値があるのか再確認する
  • 近い未来の目標を決めて達成した時の喜びをイメージして具現化する

本当に仕事に行きたくないと感じたら仮病や有給休暇を使って思い切って休んでしまうのも良いかもしれません。

「仕事を放棄するなんて社会人としてどうなの?」という意見はあるかもしれませんが、うつ病を発症して苦しむよりも遥かにマシです。

「今の仕事を辞めたとしても死ぬわけじゃない」と前向きな気持ちを掲げ、悩みや問題を解決できるきっかけを上手く掴んでみてください。

自分の市場価値を知ろう

人間関係、給与が安い、拘束時間が長い、パワハラ・いじめ等、いわゆるブラック企業で働いていると……、

『仕事に行きたくない』という気持ちになります。

転職という選択肢を考えたときに、今よりいい会社にいかなければ意味がありません。

いい会社にも色々あると思いますが、その中のひとつに『待遇』があると思います。

あなたが転職市場で、いくらの価値があるか気になりませんか?

あなたの適性年収を教えてくれるMIIDAS(ミーダス)というサービスがあります。

MIIDAS(ミーダス)
あなたの適性年収を今すぐ診断する

質問に答えるだけで、あなたの適性年収を提示してくれます。時間のかかる、職務経歴書・履歴書の作成は不要です。

またその年収でエントリーできる求人情報も教えてくれるので、内定がもらえる確率もグッと高くなると思いますよ。

環境が変わると人生が変わります。後はやるかやらないかです。

-仕事が辛い

Copyright© 生きる意味をもう一度見つめ直すきっかけに/人生の谷間 , 2018 AllRights Reserved.